レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

 



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2021/04/30

シェイプアップをするためには、
筋肉を鍛える体操が、どうしても必要になってきます。

筋肉は、私たちが食べたカロリーを消費してくれる大切な箇所です。
だから、筋肉を鍛えることで大きくする必要があるんですよね。

女性の中には、筋肉を鍛える体操をすると、
ボディービルダーのような体になってしまうのでは?
と不安に感じる人が多いみたいですが…

それこそハードな体操でもしない限り、
筋肉がムキムキになったりしませんので、ご心配なく!

私がお勧めするのは「ながら私」です。
何かをしながら体操をすると、
継続的にシェイプアップを進めることができますよ。

例えば、
何もせずにただ3分間体操をするというのは、かなりきつく感じます。
しかし音楽をかけながら、体操すれば楽勝です!

大体、今の音楽は一曲3〜4分程度。
ということは、一曲聴きながら体操をすれば3分程度になります。
一曲なら、少し頑張ってみようと思えますよね?

また3分というと、
テレビのコマーシャルの時間がこの程度のような気がします。
好きなテレビ番組を見て、コマーシャルになったら少し体操する、
これも簡単に頑張れるんじゃないでしょうか?

よく、シェイプアップには、
1日20分程度の体操が必要といわれています。
しかしこれは、
20分「連続」で体操をしろ!という意味ではないんですよね。

最近の研究によると、
一回当たりは数分であっても、合計で20分を超えれば、
シェイプアップ効果はあるということが広く認知されています。

ですから、ながら体操でも、頻繁に行っていると、
意外と20分の壁というのは簡単にクリアできてしまうんですよ。