レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2021/11/24

美しくダイエットするためには、
間食にも工夫しましょう!

本当は、間食をしないほうがいいのですが、
そうは言ってもやはり人間です。
甘いものを食べたいというときもあります。

また「間食を我慢」というのも逆にストレスがたまり、
ストレスが肌荒れの原因にもなりますし、
ダイエットの失敗につながることもあります。

だから、時々はいいでしょう。

ただし、市販されているおやつを食べるのなら、
美容にもつながる「板チョコ」がおすすめです。

「えっ!板チョコはむしろ肌に悪いのでは?」

たしかに板チョコは脂分が多く含まれているため、
吹き出物の原因になりやすくなります。

そこで、さらに工夫を凝らすのです。
「カカオ70%以上の板チョコ」を選ぶようにしましょう。

板チョコには、
カカオポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質が含まれています。
特にカカオが70%を超えるものは、
それだけ多くのカカオポリフェノールが含まれているので、
強い効果があります。

カカオが70%以上も含まれている板チョコは、
一般的に油分も控えめになっていますから、
考えるほど肌への悪影響は少ないと考えていいですし、
ダイエットにも効果的!

もちろん甘いものは、ストレスを緩和させる働きがあります。
ストレスが小さくなることで、逆に肌によいと考えることができるのです。

できるだけ甘いものを、油分を少なく、肉体にいい状態で食べるのなら、
カカオ70%以上の板チョコが決め手なのです。

カカオ70%以上の板チョコで
美しくダイエットしましょう!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^