レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。

 



レーシックの後遺症は一時的ブログ:2021/09/12

手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
シェイプアップの妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
からだの内側から温めることと
からだを温める食事が欠かせません。

まず
からだを温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「からだから手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

からだは生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

からだを内側から温めるには、
適度な運動を意識して行ないましょう。

運動は血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすいからだに繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
からだの内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次に食事面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、からだを内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
食事内容の見直しで改善してみてくださいね!

じゃんじゃん