片目だけのレーシック手術も出来る

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この片方の目だけをレーシックで治療することは問題なく可能となっているのです。

 

両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
実際にコンタクトレンズやメガネを作るときにも、左右度数が違う人もいますのでレーシックで視力を合わせてみてはいかがでしょうか?
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片方だけのレーシックというのは普通に行われている治療方法なのです。

 



片目だけのレーシック手術も出来るブログ:2021/06/04

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたパパ、
そして、穏やかな、どこかお茶目なお母さんの元で
あたしは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
パパのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことを子供に残したかったパパ。
パパの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
ご飯1食につき、ライスを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ライスをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ライスを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるパパ。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のあたしには、怒られていることに気をとられて、
パパの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

パパは、あたしたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
あたしたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

パパもお母さんも戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にライスを食べさせることが家族の幸せであり、
パパにとって意味あることだったのですね。