豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。

 



豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2021/04/18

ダイエットでは、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためにはご飯制限が必要となるのですが、
多くの人は、ご飯制限を勘違いしています。
ご飯制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かにダイエットでは
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食のご飯しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違ったダイエット方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食のご飯から摂取カロリーを減らすのが
正しいダイエットの基本です。

でも世の中には、
ダイエットに失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それはご飯方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「ご飯の質」と「ご飯の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
朝方はほとんど食べずに、お昼ちょっと食べて、
夕方たくさん食べる…
そんなご飯の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このようにご飯は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分のご飯を見直しましょう。