豊富な知識と経験のある医師を選ぶ

レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術を行った時の失敗の可能性は、通常の一般的な手術と同じで決して高いものではありません。

 

レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内でも多くの人が受けており、しかも国内での手術の失敗事例はこれまでに報告されていません。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績がともなっているクリニックの在籍をしている医師ほど、安心して手術を受けることが出来ることでしょう。

 



豊富な知識と経験のある医師を選ぶブログ:2021/11/21

食べる事に関するマナーは娘が大人になっていくなかで
しっかり覚えていかなければならないものですよね。

そして
その学びの場の中心は他でもない、
食卓という場にこそあります。

例えば…
和食では左手前にごはん、右手前に汁物、真ん中に主菜を置く…
というような配膳の仕方から始まって、

正しい箸の使い方、茶碗の持ち方といった
ごくごく基本の食事作法、

あるいは
迷い箸、たぐり箸、なみだ箸などの箸の使い方や、
口にものを入れたままおしゃべりをするといった
食べる事をする上でのタブー…

こういった食べる事のマナーは、
家庭の食卓で日々繰り返される
食べる事の中で自然に身についていくものです。

そして、食卓はマナーを学ぶ以上に、
大切な家族のコミュニケーションの場でもあるのです。

大人も娘も年々忙しくなっていく現代、
「家族の食卓」を取り戻すためには、
ちょっとした工夫が必要なのではないでしょうか?

例えば…
娘が食べる事をしている時間には、テレビを消す…とか、

一緒に食べる事を食べられなくても
父母は同じテーブルに座り、娘の話を聞いてあげる…
食卓では小言や成績の話はしない!

また、家族にこだわらず、
ご近所の方や仲間の家族などと
一緒に食べる事をする機会をつくる…などなど。

とにかく
「誰かと一緒に食べる事をするって楽しい!」
娘のそんな気持ちを積み重ねていくことが大切だと思います。

食べる事は自立の基本。
「食べることは楽しいこと」
そう実感することから娘の自立は始まるのではないでしょうか。