レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。

 



レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:2021/03/06

奥さんは、もう30年間もご飯を作り続けている。
ご飯を作らなかった日は、
たまに行った旅行や
具合が悪くなり寝込んだ日を除けば数えるほどしかない。

もともと料理好きで炊事を楽しんでいるようである。
料理好きの連れ合いを持った旦那は、
日々手料理を味わえてたいへん幸せではないだろうか。

奥さんは、今まで
店で売っている惣菜や冷凍食品など一度も買ったことがない。
どうも他人の料理を信用していない節があるようだ。
そのため、手間がかかっても日々料理している。

わたしがいうのも妙であるが、
近年の奥さん手料理は味わい深くなった感がある。

コクが出てきたというか、
とにかく若いときに比べて味が格段に良くなっている。

もちろん、
若い頃は料理本のレシピと首っ引きで調理に取り組んでいた。
おそらく、当時の味は
レシピに忠実な味付けであったのではないだろうか。
それから比べると、今の味付けとは雲泥の差がある。

わたしの実家がある徳島県は、
糖尿病死亡率全国ワースト1位という
不名誉な記録を何度も保持してきた。

この背景には、
公共交通機関が発達していないため
どんな近くでも自動車に乗り、歩かない、
甘辛い味付けのご飯を好むといった県民性がある。

実際、わたしが実家に帰郷するまで
父は塩辛く濃い味付けの料理を好んでいた。

以前、たまに実家に帰りご飯をした際、
味噌汁の味が塩辛く驚いた経験を何回もした。
そんな食習慣を長く続けてきた父は、血圧が高く薬を飲んでいる。

わたしたちが実家に帰ってからの味付けは、極めて薄い。
父は、このことに不満そうであるが、
ご飯を作ってもらっている手前我慢しているように見える。